管理者コラム

MENU

夏!と言えば?海

夏!と言えば?さあ、海に出掛けよう!
日焼け?そんなの大丈夫よ〜日焼け止め塗るから。……。

 

10代の頃の日焼け。

何事も無かったかのようにスーッと消えていく。

 

20代前半の日焼け。

大人になると日焼け止めを塗るのに必死。
せっかくの海もなんだかクリームを塗りに来たみたい。無邪気な海水浴とは比べものにならないわ。

 

20代後半の日焼け。

ガチガチの紫外線対策で、リゾート気分が台無し?

30代になると、だいたい子どもを連れての海水浴なので、全身を紫外線ガード的な姿でも気にせずに無邪気な海水浴が楽しめるってもんです。

 

さあここで問題です。どの年代で日焼けがやばい!と気付いたでしょうか?

 

 

正解は、20代後半の時すでに、無防備だった肩から背中にうっすらとシミのようなものが…。
海水浴の雰囲気だけを楽しむ程度なら、こんなことには…。

 

せっかくの海だから遊びたい!と…。ほんと部防備でしたね。

 

なので20代後半からの海では、日焼けしない!が鉄則になり、なんだろ…パラソルの下で暑さに耐える…みたいな。きれいなお姉さん的な海の楽しみ方をするようになりましたね。





夏のレジャーに紫外線は付き物!

とにかく紫外線を意識したケアは必須です。

 

ちゃんとガードしていたつもりでも、紫外線の強い夏にはうっかり日焼けが登場しがちですよね。私もよくあるんです。
顔の日焼けはほとんどしません。だって下地からファンデーションまでUVカットですから。

 

今年の夏、2,763メートルの山の登山に行きましたが、全く日焼け無しでした。もちろん全身ガードしてましたけどね。
標高が高ければ紫外線もアップします。

 

なのに普段の何気ない運動会の応援やサッカーの観戦で、首の後ろや鎖骨の間あたりをぽっかりと日焼けさせてしまう…みたいな残念な結果を残すなんてがっかりですよね。

 

白くてきれいなお肌でいたいのに、完璧なケアをし出すのはシミやソバカスが出来てから…。私は20代後半で、10年後の自分のために真剣にケアを始めました。がしかし、やっぱりやってしまううっかり日焼けによって30代に入ったとたん、じわりじわりとシミが浮かび上がってきたんです。

 

シミは過去の経歴のようなもの。出来たからと言ってあきらめる必要もなく、10年後、20年後のお肌へ愛をこめてケアを怠らなければ、最悪の状態は免れるはず。

 

紫外線を怖がらず思いっきり夏を楽しみたいなら、完璧なガード方法を見つけましょうね。やれば出来るんです。
少々面倒だけど、後で後悔するくらいなら暑さよりも紫外線をどんどんガードしましょう!

 

 

肌の露出の多い季節なんですからね。

 

トレチノインがシミに効果的な理由を学ぼう

 

トレチノインの副作用を理解しましょう

 

トレチノインを個人輸入する方法について

夏といえば関連ページ

春と言えば?
管理者情報